なぜ入居審査で母子家庭(シングルマザー)は落ちてしまうのか?

なぜ入居審査で母子家庭(シングルマザー)は門前払い?部屋探しのポイントとは?

これがわかる!

  • 母子家庭の入居審査事情
  • 部屋探しのポイント
賃貸業界20年以上勤務経験の宅地建物取引士がこの問題を詳しくわかりやすく解説します。
カップ

母子家庭の入居審査の現実

離婚後にまず母子家庭(シングルマザー)の厳しさを知り、自分は離婚したんだという実感がわいたという人もいるくらいに、母子家庭の部屋探しはとても厳しいのは間違いありません。

実際、部屋探しをしてくるシングルマザーが希望の物件を問い合わせた時点で『シングルマザーは厳しいですね・・・』と管理会社に門前払いされてしまうことがとても多いのです。

だから、入居審査が厳しいという前の問題でそもそも検討できる物件が限りなく少ないことをまず部屋探しの前に知らなくては傷付くことが多いと思います。

でも実際、日本の離婚率を御存じでしょうか?2組に1組は離婚する時代なんです。

ということはとても多い属性なのだということも一方では言えるのです。

また、母子家庭に対して入居審査が厳しいとは聞いているけれど入居審査をしている管理会社やオーナーの考えや実際に母子家庭を入居させた現実が語られることはあまりありません。

これが、新たな人生を踏み出そうとしているシングルマザーを悩ませることになっているのです。

その上で、部屋探しをどのようにしたらよいか作戦を立てましょう。

なぜ母子家庭が嫌がられるか

まず、この母子家庭がなぜ入居審査においてとても厳しい属性なのか?ということですが、母子家庭(シングルマザー)と聞いてプラスのイメージが1つも沸いてこないからです。

『離婚をしても、将来に向けて前向きな判断だ』と本人は考えていても、残念ながら世間はそう思いません。

特に管理会社や大家さんは保守的な人が多いですから自分の物件にリスクのある人を居住させようとはしないのです。

入居審査のような短時間で行われる判断は、実にそ

また単純にマイナスイメージということだけでなく実際に

子供が居住すること

まずシングルマザーのイメージで1番が子供が居住するということです。賃貸物件で嫌がられるのが特に小さい子供であるのは間違いありません。

なぜかと言えばトラブルの元に必ずと言っていいほどなるからです。

賃貸契約の途中で子供が生まれた場合は、大家さんは退去させることはできませんが最初から小さい子供が住むと聞いて快く返事をすることはあまりないのが現実です。

特にシングルマザーが支払うことができる家賃に見合う物件はアパートが大半ですから、壁や床が薄いこともあり、このネックがさらに問題点となって顕在化するのです。

泣き声、叫び声、足音、母親の怒る声、物を落とす音など騒音問題は近隣住民に深刻なダメージをもたらします。

子供がいる家庭はこの声や音に関して鈍感でその対応を間違えると近隣で警察を呼ぶような事件になってしまうこともあります。

そして、このような問題が起こっても退去を迫ることはかなり困難ですので、クレームとの仲裁に入る管理会社や大家さんは経験的に避ける傾向にあるのです。

収入が少ない

ほとんどの母子家庭(シングルマザー)は、収入が低いという傾向があります。

これも無理もない話で、結婚して退職していたり、また出産を機に退職するためで、離婚後に勤めるということになります。

そしてシングルマザーの場合、就職が厳しいですから、パートやアルバイトが多く、中には託児所付きの水商売もしている方もいますが十数万円が現実的です。

ただ母子家庭の場合で経済的に厳しい場合、補助をうけることができますがそれでも滞納のリスクが高いことは間違いないのです。

性格や行動に難があるのでは

離婚の原因は、性格の不一致や浮気、相手の借金や暴力などで性格の不一致によるものは、単純に『ワガママで自己中心的』な性格と捉えられてしまうことがあります。

もちろん、色々な言い分もあるとは思いますが、離婚の原因の半分は自分に責任があるのです。

管理会社や大家さんは離婚の原因まで言及しませんし、どちらに原因があったなんて判断できません。

入居審査では電話による確認が行われますが、母子家庭で部屋探しに困っているからと大家さんが理解してくれて契約したけれども、『モンスタークレーマー』だったことがあります。

子供が泣き叫んでいても無関心だったり、退去したらゴミ部屋で壁は穴や落書きだらけで床にはペットの糞尿のシミが多数あったこともあります。

また部屋に異性を連れ込んで、おおよそ母子家庭という不幸なイメージと程遠い行動をする人がいます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

コップ(CUP)

このサイトの運営者。宅地建物取引士。 業界経験20年以上の元不動産屋。某有名賃貸業者の店長、 管理会社、投資用不動産販売会社で物件管理から契約など全般を現場の最前線で担当。大家さんや賃貸物件ユーザーの悩みを忖度無しにアドバイス。

© 2021 WELCOME!906不動産