【10時間の猛勉強!!】元巨人と楽天の池田駿が公認会計士試験一発合格!!どんな資格スクールやテキストを使って学習していたのか?

当サイトは広告PRが掲載されております。

最新情報GET!!

池田駿が選んだCPA会計学院

2023年公認会計士合格発表!
過去最高合格者を輩出。

【合格実績】

2023年のCPA会計学院の公認会計士試験合格者実績786名(全体合格者1,544名)

なんと全体合格者の50.9%(2人に1人)がCPA会計学院の受講生!

【合格者実績注釈】

※CPA会計学院公認会計士試験合格者数786名は、2023年合格目標の初学者または再受験者対象のCPA本科コースを受講した方のうち、論文式試験に合格された方を対象としております。
※ 全体合格者数は、公認会計士・監査審査会「令和5年公認会計士試験の合格発表の概要について」に記載の論文式試験合格者数をもとに記載しています。
※ CPA会計学院合格者占有率は、令和5年公認会計士試験合格者数に占めるCPA会計学院公認会計士講座本科生論文式試験合格者の割合で算出しています。


池田駿氏が公認会計士試験一発合格!!!

野球選手は野球しかしていないから、勉強をしたことがないから勉強してもダメというのはとんだ偏見だ。

プロ野球選手などその道を突き詰めたものは文武両道であることが多い。

そんなことへの証明となるニュースがSNSで流れた。

池田駿さん(1992年11月29日生まれ)がその一人だ。

彼は新潟明訓高校のときに投手で甲子園に出場した。

そして専修大学商学部を卒業し、社会人野球【ヤマハ】でプレイした後、2016年に巨人にドラフト4位で指名され、入団した。

その後、2020年楽天イーグルスに移籍した。

プロ野球選手からの第2の人生になぜ公認会計士試験を選択したのか???

プロ野球選手であったときに税理士に出会い、その中でも、消費税や所得税を知るうちに税金の面白さに目覚めた。

また彼自身、大学も商学部に在籍していたということもあり、身近に感じたのかもしれない。

そして、税理士になって、野球選手を辞めたあとでも、プロ野球選手の確定申告の手伝いをすることができればと考えたそうだ。

そのまま行けば税理士の試験へと進むところだが、税理士試験の受験資格が不足していたとのことで、受験資格がない公認会計士試験を受験することとなったそうだ。

公認会計士試験というのはどれくらい難関なのか??

公認会計士試験は合格率10%以下、しかも受験生のレベルがかなり高いため、医師、弁護士とならんで3大難関資格と位置付けられている。

以前までは試験制度が複雑かつ多年に及ぶため、敬遠される資格であったが、大幅な改定により受験生が戻りつつある人気資格である。

驚異的な集中力!!1日平均10時間の勉強で一発合格へ

池田さんが学習を始めたのは、21年のシーズン春季キャンプ中休憩時間を利用して簿記の勉強を開始した。

学習時間は平均しておよそ10時間し、12月に行われた短答式試験を1発で、続く翌年の8月に行われた論文式試験も見事1発合格を果たしたのである。

そうして2年半に及ぶ学習期間で合格したのである。

家庭をもつ池田さんの周りの協力もあったわけだから、家族全員の勝利といったところであろう。

プロまで上り詰めた野球選手だけあって、1つの目標に対して継続し集中した努力ができるというのは、鍛錬されたどこにで通じる能力としか言いようがないし、池田さんのその決意と努力には感服せざるを得ない。

CPA会計学院という資格スクールの選択

さて、池田さんは、大学の商学部出身であったとはいえ、決して学習環境において恵まれていたとは言えない。

家庭を持ち、プロの最後の年とはいえ、学習にあてる時間を捻出するのは大変だっただろう。

効率よく、無駄の無い方法で最難関と言われる公認会計士試験に臨まなければ、こんな短期間で合格することは難しかったかもしれない。

どのような公認会計士の資格スクールを受講していたのかが気になるところだが、

これが、

CPA会計学院

というところらしい。

これは偶然にも河野玄斗氏と同じスクールではないか。

どうやら、公認会計士試験を受ける受験者にとっては知られたところらしい。

膨大な試験範囲で傾向をしっかりとおさえたテキストがとても評判だ。

時間も限られているからこれ1本に賭けていたのかもしれない。

時間がないと焦りからかついついあれやこれやと手を拡げがちになるものだが、このスクール、テキストを信じるということができたのも勝因の1つだろう。



その後CPA会計学院で講師の道へ

池田さんは、その後、お世話になった資格スクールCPA会計学院で租税法を担当する講師になった。

人に教えることが好きであった彼にとって適職と思える仕事だ。

プロ野球選手の第2の人生として華々しい道を歩み始めた。

活躍をお祈りしたい。

参考記事東大医学部卒の河野玄斗が公認会計士試験合格。どこの資格スクールを利用していたのか?【CPA会計学院】

注目情報! 河野玄斗が公認会計士試験合格!! 今、資格業界で話題の人物がいることをご存じですか? そ ...

続きを見る