無料見積で引越ガイドをGET!



入居審査

入居審査は日本語を話せないと落ちてしまうのか?

外国人は日本語を話せないと入居審査に通らないですか?
このことについておはなしします。
カップ

入居審査に日本語で会話能力が問われる

入居審査は日本語を話せないと落ちてしまうのか?

以前では外国人は外国人の入居審査は現実的に厳しいことが多いことがありました。しかし、現在では日本の外国人生活者の増加により、賃貸物件に入居することが多くなり、審査に通過することが普通になりました。

その一つの原因に、保証会社のサービスが始まり、やがてどの不動産会社においても取り入れることが挙げられます。しかし、保証会社が外国人を審査にかけるとき、管理会社が管理物件に入居させる時に最低限条件としていることがあります。

それは、『日本語の会話能力』があることです。これは、どのような理由で、またどのぐらいのレベルで日本語が操れることが必要なのかを今回テーマにしてお話ししていきたいと思います。

なぜ日本語が話せる必要があるか?

電話で会話ができる日本語能力

日本語が話せないと賃貸物件を利用できない大きな理由として、ほとんどの不動産管理会社に外国語を話せるスタッフがいないということがあります。

その為、外国人入居者とは、日本語でコミュニケーションをとらないといけません。何か、入居の際にトラブルが生じたときに管理担当者と会話をしなくてはなりません。

ですから、基本的な会話で、意思表示ができるレベルの日本語会話ができることが求められます。

日本語の書類を理解できる能力

日本語の会話ができることに加えて、日本語による書類の意図をくみ取り、書類の記入などをしなくてはいけません。例えば、契約時の契約書類、更新時期の書類の作成、解約書類などが主な例です。

基本的には、その日本語の意図を理解して、書類に署名捺印をすることができればいいわけです。

中国人や韓国人の日本語能力

外国人の入居者の中で、今では様々な国々の方が日本に住むことがありますが、個人で賃貸物件を借りる外国人の代表格は今も昔も、中国人と韓国人が大半です。

日本語は、世界の言語でも習得するのは難しいと言われていますが、中国人や韓国人はとても上手な方が多いです。少なくとも、賃貸物件に入居する方で、コミュニケーションに困るような方はあまりいないように思えます。

ただ契約書類やその他の書類をどのぐらいの理解度なのかは不明ですが、入居から退去するまで問題なくできるわけですから十分なのでしょう。特に、お金の請求に関する部分の理解は重要です。

母国の慣習と異なることもあり、なかなか外国人に理解できないこともあります。細かい点、例えば退去時の解約予告期間などや、解約精算などを含めた一連の解約手続きは難しいのかもしれません。

外国人専門の賃貸不動産屋のスタッフが外国人である場合、これらの細かい規定の説明が不十分となり、困惑することもあるようです。

日本語会話能力の審査方法

では、日本語の会話能力を入居審査の判断基準の1つとされるのであれば、どのように確認するのでしょうか?部屋を探したときに対応した不動産屋の管理会社であれば、その時の会話で判断します。

また、その外国人と面談することが無く入居審査をする多くのケースでは、『電話による会話』となります。そもそも、一人で部屋を探しに来ること自体ある程度の日本語能力があるといっていいでしょう。

電話で、入居審査に必要な書類の記載内容の確認などをする流れで、理解できればほとんどの場合OKです。細かい日本語能力を証明するものの提出などは基本的にはありません。

ですから、特に西欧人などは、入居してからあまり日本語でコミュニケーションが取れないということがわかることもよくあります。ですから、本当に最低限のコミュニケーションができればいいということになります。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

コップ(CUP)

このサイトの運営者。宅地建物取引士。 業界経験20年以上の元不動産屋。某有名賃貸業者の店長、 管理会社、投資用不動産販売会社で物件管理から契約など全般を現場の最前線で担当。大家さんや賃貸物件ユーザーの悩みを忖度無しにアドバイス。

© 2021 WELCOME!906不動産